女性ホルモンと薄毛

MENU

女性ホルモンが少なくなると薄毛になるの?

薄毛で悩む女性といえば、やはり年配の方を想像されるのではないでしょうか?

 

ですが、最近では、若い方の間でも薄毛で悩む女性が増加傾向にあります。

 

薄毛の原因は加齢だとまだ思っているあなた、それは大きな間違いです。

 

確かに加齢も原因の一つですが、その他に考えられる物として「遺伝」と「女性ホルモの低下」があげられます。

 

 

「女性ホルモンが薄毛に関係ある!?」

 

驚かれる方も多いかもしれませんが、これは本当です。

 

女性ホルモンが減ると薄毛になっていってしまいます。

 

 

女性ホルモンには、みなさんもご存知だと思いますが、卵胞ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンであるプロゲステロンの二つがあります。この二つのホルモンのうち、エストロゲンが髪と深い関係があるとされています。

 

 

エストロゲンには、女性らしい体を作る働きがあることはよく知られていますが、髪の成長を促進させたり、髪が成長する期間を長く保持させるなどの働きもあります。髪の成長期間を長く保持してくれるということは、健康な髪が長く育ってくれるということになります。

 

このエストロゲンが減ってしまうと、髪がやせ細ってしまい、全体的にボリュームの無い髪になり、薄毛へと進行していきます。

 

 

エストロゲンが減ってしまう原因の一つは加齢です。

 

エストロゲンは20代後半に、分泌量のピークを迎え、30代中頃から減っていってしまいます。

 

その結果、徐々に薄毛が進行していき、早い方だとまだ40代に突入する前に、この症状に悩まされることになります。

 

 

エストロゲンが減っていくことで現れる症状が「更年期障害」といわれるものです。

 

更年期というのは、一般的には45歳頃から55歳頃とされています。

 

この年齢になると、薄毛になる方が多い傾向にあります。

 

このことからも、女性ホルモンが薄毛と大きな関係があるということがわかります。

 

 

ただ、エストロゲンが減る原因は、加齢だけでなく、女性によくある過度のダイエットやストレスなどもあてはまります。
現代社会においては、女性は、エストロゲンが減少しやすい傾向にあるといえます。

 

 

薄毛に悩まされないよう、女性ホルモンのバランスを整える必要があります。

 

加齢は止められませんが、過度のダイエットや、ストレスを溜めることのないようにしましょう。

 

また育毛剤の種類によっては、女性ホルモンにサポートとしてくれるものもあります。

 

薄毛の原因である女性ホルモンをサポートしてくれるケアを選んでいきましょう。